最近はHPからのお問い合わせが減ってきていますが、問い合わせがあっても成約にならないケースが増えてきました。

一番のネックは料金・税理士報酬のようで、HP経由でのお問い合わせはほぼ価格最優先の方が多いように感じます。

税理士報酬ももはや消費財と同じ感覚なのでしょうか。

なので、料金を提示する時もアドバイスのある価格料金とアドバイスをしない(事務手続きのみの)価格料金の2種類を提示せざるを得ない状況です。

弊所はアドバイスを行うことによって節税や経営改善等お客様が十分もとが取れると思って提示をしているのですが、なかなか伝わらない・お伝えできていないんでしょうね。

私自身も環境についていけていない、空気がよく読めていない可能性もあるので、一度考えてみる必要があるかもしれないですね 


スポンサーサイト