よく問い合わせがあるのでまとめてみます。

以下のようなものが、非課税の対象となるようです。

ちなみに非課税枠は500万円まで。

・学習塾
・家庭教師
・予備校
・資格学校
・英会話教室
・通信教育
・そろばん教室
・語学検定料
・資格試験受講料
・ビジネススクール
・パソコン教室
などの費用

・野球チーム
・サッカーチーム
・スイミングスクール
・ゴルフスクール
・テニススクール
などの費用

・ピアノ教室
・バイオリン教室
・絵画教室
・日本舞踊
・バレエ教室
などの費用

・習字
・茶道
・華道
・料理教室
・ペン字教室
・着付け教室
などの費用

習い事で使用する物品の購入については、指導をするものの名で領収書が出るものに限られます。

×カラオケ教室
×占い教室
×ギャンブルに関する教室
などの費用は、社会通念上、教育資金としては認められません。

注意点が多くありますので、取り扱いの金融機関へご確認ください。

スポンサーサイト