【いや、人生は気合いだね】

小説『浮雲』の著者として知られる二葉亭四迷の言葉。

いい人生を送るためには、時には理屈ではなく、気合で乗り切る「思いっ切り」の覚悟が必要となることもある。


スポンサーサイト