今月お客様になられたお客様が、現在(以前)の顧問税理士は何もしてくれないと不満を言われていました。

なんだかよくわからないけど毎月顧問料を払って、申告書を作成してくれるだけ。

お客様が申告書をみると、お客様の計算した金額と税理士が計算した金額が違っているので更正の請求(税金の還付)をしてほしいとの依頼でした。

この案件は更正の請求ができない案件でしたが、税理士の作成した決算書の間違いを発見するくらいなのでお客様自身も非常に勉強されています。

お客様が求めているサービスは何なのか、その点をしっかりとお聞きしなければなりません。

いろいろお聞きすると、とにかく意思決定をするための情報がほしいということだと私なりに解釈しました。

お客様個々の事情で求めるサービスは異なりますが、弊事務所にかわってこられるお客様は情報を欲している場合が多いように思います。

マニュアル化しないお客様個々の状況に応じた情報提供を今後も力を入れていきたいと思います。


スポンサーサイト