最近マスコミで話題の、カンセイガクイン大学出身の私。

本日行われた、日大選手悪質タックル問題の本人記者会見後の、日大広報部コメントにすごく違和感を覚えました。


「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です」と認めたがものの「ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です」と説明。

よく使う言葉なら、なぜ今回はこのような悪質タックルになったのか・・・なおさら理由がよく分かりません。

日大の選手が記者会見までして経緯を話しているのに、大学側には問題の本質が見えていないように思えてなりません。

今回問題が大きくなるまでの初動にも問題があったように思いますが、日本大学の法人経営というのは一般企業の感覚とズレているような違和感を感じました。

スポンサーサイト