顧問先の9月決算法人に、S生命が節税プランという保険の設計書を持ってきました。

ここまでは、よくある話。

しかし、内容をみるととても雑な提案。

なぜなら、被保険者は名義貸しをしている勤務実態のない非常勤監査役(社長親族)。

当然のことながら現在及びこれまでも無報酬。

保証人になっているわけでもないので、保険に入る理由が何も見つかりません。

このような保険会社都合の提案をされたら、税理士としてどうするべきか。。。

私は、保険会社の設計書の経理処理の案内と異なり、保険料が全額損金不算入になりますと回答申し上げました。

生保会社の担当者は、それでもなお「グレーゾーンだが、他の税理士なら損金経理してくれる」と社長に再度回答したようでした。

このような顧問税理士を誹謗中傷するような発言に、私はS生命の生保営業マンのレベルの低さを感じました。

S生命のHPには「お客さまの信頼にお応えし続けていく」とコンプライアンスをうたっていますが、S生命営業マンはまさに自分本位で、契約者のことを考えておらず、正直非常に残念な思いをしました。

保険会社も営利企業であるので契約は大事ですが、提案が契約者の為になっているか、意向に沿っているか少し考えるべきではないでしょうか。

今回は一募集人の話なので、多くの保険会社は契約者にとって有益なご提案をされています。

生保営業マンに対し、誤解はしないでくださいね。


スポンサーサイト