法人または個人事業者の持っている固定資産、例えば車を個人に贈与した場合の消費税の取り扱いです。

みなし譲渡となって課税の対象となる場合と、不課税になる場合があるので要注意です。

確定申告の時期なので、個人の場合の質問を受けました。

個人の場合は、不課税となります。

個人事業の場合は、棚卸資産や事業用資産の家事消費等であれば課税の対象となります。

ちなみに、法人の場合は、役員に対する贈与であればみなし譲渡となり課税の対象となります。

法人と個人で微妙に贈与の際の消費税の扱いが違うので注意しましょう。


スポンサーサイト