気が付けば10月になり、消費税が増税となりました。

軽減税率をはじめ、レジ補助金、ポイント還元やら訳の分からない制度が始まっています。

今回の増税に関する制度全般に関して、国は周知不足だったと思います。

むしろ消費税の増税に触れないようにしていたのでは?と思うくらいです。

10月からの経理処理は中小企業にとっては大変になるでしょう。

数年後に始まるインボイス制度ではさらに大変になると思われます。

街中を歩いていて気になったのは、一部の店舗が消費税のタイミングで便乗値上げをしていること。

便乗の定義が難しいですが、政府は消費税に伴って便乗値上げすることを禁止しております。

私個人の感覚だと、各店舗いろいろな事情があるのでしょうが、(そもそも本来は消費税2%分の値上げで、それでも人件費等の上昇等各店舗の事情もあると思いますから、)10%を超えるくらいの値上げをしていると、便乗値上げとして消費者にとらえられてしまう可能性が高いように思います。

ですので、10%を超える値上げをされている店舗は消費者に値上げに対する丁寧な説明が求められるでしょう。

増税による様々は影響が出るのは1年後くらいでしょうから、今から1年後が少し不安であります・・・。

スポンサーサイト