気が付けば10月になり、消費税が増税となりました。

軽減税率をはじめ、レジ補助金、ポイント還元やら訳の分からない制度が始まっています。

今回の増税に関する制度全般に関して、国は周知不足だったと思います。

むしろ消費税の増税に触れないようにしていたのでは?と思うくらいです。

10月からの経理処理は中小企業にとっては大変になるでしょう。

数年後に始まるインボイス制度ではさらに大変になると思われます。

街中を歩いていて気になったのは、一部の店舗が消費税のタイミングで便乗値上げをしていること。

便乗の定義が難しいですが、政府は消費税に伴って便乗値上げすることを禁止しております。

私個人の感覚だと、各店舗いろいろな事情があるのでしょうが、(そもそも本来は消費税2%分の値上げで、それでも人件費等の上昇等各店舗の事情もあると思いますから、)10%を超えるくらいの値上げをしていると、便乗値上げとして消費者にとらえられてしまう可能性が高いように思います。

ですので、10%を超える値上げをされている店舗は消費者に値上げに対する丁寧な説明が求められるでしょう。

増税による様々は影響が出るのは1年後くらいでしょうから、今から1年後が少し不安であります・・・。

9月の連休に高校の体育祭を見に行ってきました。
その前日には文化祭もありましたが、保護者も多く来られていて驚いたのですが、体育祭のほうが保護者の数は圧倒的に多く、後から聞いた話によると、場所取りに早朝から並ぶ方もいたそうです。

娘は中学から数えると四年連続の二人三脚での出場で、パートナーも中学からの友人だったので自信満々でしたが、前走者のハプニングに最下位になりながらも最後まで一生懸命走り抜きました。





お昼休憩をはさんで仮装行列があるというので楽しみにしていたのですが、この競技が人気だったようで本部席の周りは背伸びをしても見えないくらいの観客でした。

ただ仮装をして歩くだけの簡単なものを想像していたのですが、始まってみると大道具や小道具、ストーリーやパフォーマンスもしっかりしていて、想像以上のショーに衝撃をうけ、場所取りの価値はあると思いました。





映画やアニメを元に作られていたけど、好きだった映画もあり見ていて楽しかったです。
トップバッターの恐竜が一番印象が強く、終了後に飾られているのをそばで見たけどなかなかの作品でした。





仮装行列は三年生の種目なので、受験を前に最後の行事の為、夏休みから全力で準備をし直前には泊まり込みもあるようです。

来年、再来年も楽しみに見に行こうと思います。