弊事務所では、本日からGW休みです。

(厳密には、4/30は出勤日となっており、有給をとる社員とそうでない社員によって、10連休の社員、9連休の社員、6連休の社員に分かれます。)

一番連休が短い社員でも6連休もあるのですが、顧問先の状況をみていると、今回は10連休の会社も結構多いようです。

私も何日かはお休みを頂けそうなので、この機会に昨年末からたまっていた疲れをとってリフレッシュしたいと思います。(今年のお正月は、諸事情で休みがほとんどとれませんでしたので。)

本日は、タイトルにある「有求必應」の厄除けで有名な、由加神社本宮に行ってきました。

8143613_p.jpg

8145529_p.jpg

確定申告期間中にタイミング悪くスポット業務が集中して多忙だったこと、確定申告後も税務調査対応が入ったこと、1か月以上長期にわたり体調を崩してしまったことなど、フィジカル・メンタルともに自分の中で崩壊してしまって、特に事務所のスタッフなどに多くの迷惑をかけたため、祈祷をしてもらいました。

厄年でもあったので「厄除け」と「事業繁栄」の祈祷です。

8181305_p.jpg

(本当は確定申告明けの時期など、もっと早く行きたかったのですが、行く時間がなかなか取れませんでした。)

よく商売繁盛とは言いますが、事業繁栄は少し意味が違います。

事業繁栄は、単なる自社の利益の追求だけをいうのではなく、事業をとりまくパートナー会社や自社の社員などとの共存共栄の繁栄を意味します。

自分自身が未熟なのでなかなか周りにまで配慮ができていないと思っておりますが、心から祈念してきました。

最後に、厄除けの玉を投げて終了。

8154223_p.jpg

階段をダッシュして運動もできたので、「きっと厄払いはできた・・・」という気持ちになりました。

8144009_p.jpg

多忙でイライラが続いていたので、連休中は心を鎮めるために、いろいろなところを訪れてみようと思います。

スポンサーサイト
先日(4月中旬)、倉敷市にあるお寺に祈祷に行ったのですが、そのお寺で干支色紙を売っていました。

DSC_05571.jpg

「今更干支色紙なんて~」って思ったのですが、色紙の絵のタイトルを見ると「努力は実る」となっていました。

その言葉が心に響いて、何だかとてもいい絵に思えてきて、思わず購入。

事務所の応接スペースに飾っています。

毎年発売されるようなので、毎年買おうかな・・・と思ったりしています。

俳優座劇場でおこなわれた「handmade works 2019」を観てきました。

handmade2019.jpg

尊敬してやまないバナナマンさんと東京03さんの合同コントです。
6年ぶりの開催ということでしたが、幸運にもチケット購入できました。

生でこそというようなハプニングもあり、幸せな2時間でした。

handmade_flowers.jpg
豪華な面々からのお花も届いていました。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

先日のお休みに姫路まで革の調達に行きました。
目的は奥さんの新しい靴の材料調達です。

姫路は革の産地で有名なので、やっぱり種類が多い!

店員さんも色々と詳しく教えてくれたので、、いい買い物ができました。
毎月は難しいですが、いいお店だったので定期的に行ってみたいと思います。

レザー
DSC_0542.jpg
DSC_0541.jpg

昨日は、中国税理士協同組合主催の消費税の研修でした。

頭では理解できていますが、消費税がかなり複雑なものになりますね。

いろいろな意味で、実務的に大丈夫なんでしょうか・・・。

145634_p.jpg

マイナンバーカードが普及するか正念場ですね。

税制等諸外国と比べる傾向がありますが、どうも都合のよい部分だけ諸外国と比べられている傾向があるように感じてしまうのは私だけでしょうか。

医療費控除で領収書を保存しなくてよくなるのは確かに便利ですが、そもそも医療費控除は保険診療だけで申告されている方だけでなく、例えばインプラントや鍼灸などいわゆる自費や薬局で購入した薬等で申告されている方も相当数いるように思います。

全部の医療費の領収書の保存が不要になれば便利ですが、一部のそれら自費等の領収書は結局保存しないといけないのでしょうね。

基本的に医療費の領収書自体の枚数はしれていますから、マイナンバーで管理されても利便性は高くない(電卓入れる手間が省けるだけ?の)ような気もします。

それよりも厚生労働省に対する国民の不信感が強く、厚生労働省及び関係団体がマイナンバーを取り扱うには正直時期尚早な気がします。

中途半端なことをするとシステムが二重三重になり、コストがかかるだけのような気もします。

やるならとことんやる必要があると思いますが、行政の仕組みを変えないと難しいのでしょうね~。