18001707_p.jpg

何だかこの記事違和感あります。

働き方改革を口実にしていますが、郵便は民間のような生産性向上をできる要素が、まだまだたくさんあるように思います。

例えば、仕分け作業に人の手がすごくかかるように言われていますが、封筒のサイズと規格を統一し、郵便番号が規定の場所に書かれているものだけを翌日配送にする、などとすれば封書・はがきの仕分け作業なんて簡単に機械化できるように思います。

サービスが維持できないのであれば、民間企業の他社と提携すること等できるように法律改正をするもの検討すべきかなと思いますが・・・。

今の郵便サービスは、本当に過剰サービスなんでしょうか。

あれだけ広告していますが、そもそも年賀状も元旦配達が本当に必要なのでしょうか。

年賀状は値上げしないと言っておきながら、わずか1年でその約束を守れないほど見透しが甘い事業計画を作ったのは誰なんでしょうね。

人手が足りないと言っていますが、正月から仕事をするような年賀状の販促を、タレントにお金を使ってまで行っていることに矛盾を感じます。

○○ネコ等に比べれば相当にサービス悪いと感じるのですが。

スポンサーサイト