アパートを建てて節税しようみたいな話は基本的に好きではないですが、相続後に相続した土地の有効活用について相談を受けることがよくあります。

この度相談を受けた方は、相続税の申告のとき、財産の多くが不動産だったので当初は納税ができるか心配でしたが、いろいろ評価を下げることができ、結果的に当初予想していた相続税額より1,000万円弱税金が少なくなったお客様の案件でした。

相続した土地というのは思い入れがある土地も多いので、そのあたりにも配慮した提案も必要なんだと思います。

今回は相続の発生前からご相談を受け、相続税の申告や相続後の不動産の有効活用まで含めて弊事務所でうまく提案でき、相続人の方にも喜んでいただけました。

スポンサーサイト