ベストアルバムって悩ましいですよね。

収録されている曲のほとんどは、既に過去の作品に収録されていて、音源としては持っているんです。
新作として収録されるのは1曲だけ。
アーティストへのお布施と割り切れるぐらいに好きならいいんでしょうけど・・・

と、いう感じで悩んでいたベストアルバムを結局購入しました。
決め手は、初回版に付属するライブ映像のDVDです。

我ながらチョロい消費者です。
スポンサーサイト
8/27・28と娘のバレーボール部の応援に行きました

岡山市中学校総合体育大会(市総体)で
3年生が引退して、新チームとなって初めての公式試合でした。

(娘はレギュラーにはまだまだですが

ピンチの場面でも笑顔で声をかけながらプレーしていたので
とてもいいチームなんだろうなぁと思いました

チームのみんなの頑張りで、結果はベスト4でした

久し振りにドキドキしたり、ハラハラしながら応援しました

応援席に行くのにこの↓梯子を上がって行かなくてはいけなくて
1503973912561 (2)
色々な学校に行きますが、ぐらつく梯子を上ったのは初めてで
この場面が一番緊張したかも・・・
いつもお世話になっております。

さて、弊事務所では、本年5月以降、HPからの新規のお客様について、お問い合わせの受け付けを当面停止しておりましたが、8/31(木)より、受付を一時的に再開させて頂きたいと思います。

できるだけ多くのお客様にサービスを提供できるよう努力してまいります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


先日、初めて鍼治療に行ってきました。

鍼と言うと怖いイメージを持つ方もいらっしゃるようですが、私はそのようなイメージはありません。

むしろ若干潔癖なので、鍼が衛生的かどうかであったり、感染症になったりしないかとか、そちらのほうが心配でした。

で、鍼治療を受けた感想ですが、「すごい」といった感じです。

ツボにビシっと鍼が入るので、ツボが痛気持ちいい感じです。

とりあえず背中に48本ほど同時に鍼を刺したのですが、全く力が入らなくなりました。

鍼灸師の方に話を聞くと同時に200本以上鍼を刺す人もいるそうです。

200本も刺すと、もはやツボがどこか分からずハリネズミのような状況になってしまいそうです。

最近東洋医学として鍼灸が注目されていますが、納得の感じでした (´∀`*)


昨日は、税務署や県民局に不動産がらみで個別相談に行ってきました。

税務署にはたまに事前予約をして個別相談に行きますが、特に資産税は担当者によって親切な方と不親切な方がいます。

今回は前者の方だったので助かりました。

個別相談に行く際には、こちらも事前に調べたうえで相談に行っていますが、後者のタイプに当たると最悪です。(時間が無駄なだけ。)

県民局の方は、特に事前予約もせず飛び込みで相談します。

最初は窓口の人が得意げに対応してくださるのですが、こちらの相談内容が難しい内容なので、だいたい班長という肩書の方に途中で交代となります。

市役所に相談に行くことはそんなにありませんが、役所の対応も様々で、相談に行くのもなかなか面白いです。

(市役所での相談では、建築関係の部署だけは毎回対応があまりよくないので、個人的にあまり好きではないです。)

あとは担当者によって対応が違うというのがまぁまぁあるので、そこだけは何とかしてほしいな~と思います(´・Д・)」


お盆休みを利用して、大阪で謎解きゲームを3公演ハシゴしてきました。

まず1つ目は“ある牢獄からの脱出”。→脱出失敗
人数10人・制限時間60分とオーソドックスなルーム型です。
脱出成功率が1%台と、高難易度で評判なこの公演が8月でひとまず終了ということで、割りと謎解きものにも慣れてきたしそろそろ・・・と参戦しましたが、あえなく撃沈。
探索も謎もさすがの難易度で、あと10分あってもどうか、という惨敗でした。

2つ目は“囚われた悪の組織からの脱出”。→脱出成功
スクラップ社のものではなく、時解というお店がやっている公演です。
いわゆるルーム型なんですが、人数6人・制限時間50分とすこし小型。
謎自体も割りとサクサク、メタ読みも冴え、解説で使ってない情報に気付くなど、本道から外れている部分もありましたが無事成功です。

3つ目は“「赤いおふだ」廃墟ビルからの脱出”→脱出成功
おなじく時解もので、こちらは人数6人・制限時間30分とさらに小型。
ホラーの要素を盛り込んで、お化け屋敷から脱出するという内容の公演でした。
怖い系は全然平気なのですが、照明が暗く、探索がやっかいでした。ホラー要素がメインだったようで、謎自体はシンプルで、ちょっと満足度は低め。

今回の反省点としては、
・朝早くから始動すればもう1公演イケる
・大阪日帰りなら、わざわざ新幹線激混みのお盆じゃなくてもよかった
といったところですかね。
お盆休みとは別にお休みをいただいて、石垣島へ家族旅行にいってきました。

虹 (1)

娘と夫がダイビングに、ドルフィンスイミングを楽しみ、私は西表島でマングローブの森で船に乗ったり、水牛車で由布島に行ったりと、日常では体験できないことをしてきました。

マングローブ

西表島の仲間川は全長17Kmの日本最大の規模をもつマングローブ林で3種類のマングローブが広がっています。

海 (2)

由布島は島全体が植物園になっていて、水牛車に乗って海を渡るので有名なんですが、満潮時でも問題なく水牛車は渡るそうです。

海 (1)

ダイビングははじめての体験でしたので初心者向けのポイントで行ったそうですが、サンゴ礁やニモで有名なクマノミなども多くみられたと娘はすっかりダイビングの虜になってしまっていました。
その一方で、約50歳になる夫は体力の衰えを実感していたそうです。

夕陽

午後からはスコールが続いていましたが、夕方になるときれいな夕陽も見ることができました。


写真にはおさめることはできなかったのですが、一番の感動は満点の星空でした。
石垣島は赤道に近く上空にジェット気流がないというので、星を観測する障害物がないために肉眼で天の川を見ることができるというのが有名です。
インターネットなどで事前に見てこの旅の一番の楽しみにしていたのですが、期待以上の星空を時間を忘れていつまでも砂浜に寝転がってみていました。


機会があればあの星空を一度見に行ってみてください。