事務所を開業して約7年半になります。

事務所を開業してこれまでで最もつらかったのは、事務所を開業した時にお客様が全くいなかったとき、そして逆に何らかの理由で仕事の依頼をくれたお客様を断らないといけないときです。

今月は5件お問い合わせを頂きましたが、2件お引き受けし、3件はお引き受けを断念させて頂きました。

仕事を断るというのは、非常に心が痛みます。

誰かの役に立つときに人は喜びを感じることができるわけで、仕事を断るというのはその真逆の行動なので断腸の想いで、とても勇気がいります。

ここ最近仕事を断る理由というのはすべて、弊事務所の人員不足によるものです。

つまり求人に応募がない等、とにかく人材が足りないのです。

弊事務所に限らず中小企業ではどこも似たような状況ではないでしょうか。

人口が減少していくというのは年金問題だけでなく、さまざまな問題を生じさせます。

日本の将来や自分の将来はどうなるのだろうと心配になりますね。。。

スポンサーサイト