現在正社員の求人をしており、数名の方と面接を行いました。

ある税理士事務所勤務経験者の方から、労働時間や仕事の進め方などについて質問等を頂きました。

私はHPの求人欄にも「長時間労働が美徳だと考えておりません」と書いているのですが、一般的に労働時間を気にされる求職者の方は最近は多いかもしれません、マスコミでもこれだけ話題ですから。

特に税理士事務所というのは所長のタイプによって、ブログにはとても書けないくらい恐ろしいほど残業時間があったりする事務所もあるようですし、全く残業のない事務所があったり、同じ給与を貰っていても時給にすると全然違う・・・というケースもあるようです。

弊事務所の場合は多少残業があり、昨年の残業は年間20~30時間くらいだったかと思います。(当然ですがちゃんと手当は出ます。)

ただ私自身は仕事が好きなので、ほぼ休みなしで働いている感じかもしれませんが・・・(笑)

また、仕事の進め方も事務所によって結構違うので、このあたりも難しい点ではあります。

事務所内ではある程度統一したルールにしないと、担当者が休んだり変わった時の対応が難しかったり、チェックする作業の効率が悪くなってしまう可能性があります。

私自身はルールは必要だと思っていますが、それはスタッフと共に随時見直しをして行く必要があると思っています。

ダーウィンが、【強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ】と言ったように、事務所の経営も変化に対応していかなければいけないのだと思います。


スポンサーサイト