最近、税務調査に当たるケースを見ていると共通点がありました。

それは、所得拡大促進税制を適用していること。

ここ2~3年法人の税務調査に当たった会社は、すべて所得拡大促進税制を適用しています。

でも、従業員の給与をそれなりに増やしている会社というのは、そもそもそれなりに法人でも所得が出ているので、一概にこの税額控除を使っている事と税務調査がイコールではありませんが・・・。

税務調査でも担当調査官によって、この税額控除の計算根拠を出してくださいという方と、何も言わない方がいます。

でも、税務署からこの税額控除についてのみの電話の問い合わせがあるケースもあるので、税務署内部ではチェックされているということなのでしょうね。

税額控除は、節税では最強ですからね~。


9月に入社して3か月がたちました。
まだまだ日々の業務を覚えることに精いっぱいですが、
頑張っていこうと思いますので、よろしくお願いします。





先日、空港近くの農園へイチゴ狩りに行ってきました。
朝早くに出かけたにもかかわらず大勢の方が来られていました。
以前にイチゴは12月が一番おいしいというので毎年この時期に行くのですが、
朝早いので冷たくて甘いイチゴを今年もしっかり食べることができました。
寒くなってきて体調も崩しやすくなっていますが、ビタミンをしっかり取って
風邪をひかないように気を付けたいです。
税理士事務所でも同じですが、最近の企業のトレンドは、仕事の効率化。

弊事務所も、複合機を変えたりシステムを入れたりと、個人的には効率化を頑張って考えているつもりです。

人がいない、残業をさせられないとなると、必然的に仕事を効率化していかなくてはいけません。

今までアナログだったことをデジタル化するなど、多くの企業では効率化をしています。

その結果、減収増益という企業が多くなってきている印象です。

建設業をはじめ人手が足りない業界では、採算の悪い、効率の悪い仕事は受注しないといった動きが多くみられます。

税理士事務所もそのような動きが見られます。

数年前まで一部の税理士は、紹介会社に手数料を支払ってまで仕事を貰っている方がいたようですが、最近は全く聞かなくなりました。

税理士に限らず、あらゆる業種でいわゆる紹介料で生計を立てていた企業は、本物は生き残るでしょうが、そうでない企業は淘汰されているような気がします。

付加価値をできる企業とそうでない企業で、ますます大きな差がついていくのでしょうね。


忘年会のシーズンですね。

私は忘年会にあまり行くほうではありませんが、まわりの士業の方のお話をお聞きしていると、今年は忙しくて忘年会に行く暇がない・・・と言われる方が多いです。

確かに、知り合いの司法書士の方の事務所の電話に、夜10時ごろ電話しても皆さん普通に仕事されているようですし、結構どの士業の皆さんもお忙しくしされているようですね。

私は昨日かなり久しぶりにお休みを頂き、ショッピングでストレス発散してきました~。(個人的な爆買い(笑))

今週から新たな気持ちで仕事を頑張ります。

今年は忘年会もあと4回ほどです。

体調管理に気を付けて、頑張っていきたいと思います。

194004670.jpg
(先日行った忘年会は河豚🐡コースでした~~~)

事務所を移転してから、初めての冬。

エアコンをつけるとかなり乾燥します。

目と喉が乾燥するので、加湿器をつけます。

DSC_0413.jpg

事務所の移転で広さが約2倍になった為、以前の事務所で使っていた上記の加湿器では十分な加湿効果が感じられず、2台目の加湿器を購入しました。

DSC_0412.jpg

じゃ~ん。

型落ちの古い機種ですが、DCタイプなので電気代もたぶん安いはず。

風邪をひかない様に、職場環境を向上させながら頑張ります。


昨日の日経は税制の気になる記事が、二つありました。

一つ目。

DSC_0418_201612071836073e3.jpg

まずます複雑になる税制。

いろいろ思うことがありますが、ブログなのでノーコメント。

二つ目。

DSC_0419.jpg

これ、個人的にはすごい記事だと思います。

自社株高対策も大きく変わりそうですね。。。


最近、お客様から銀行を紹介してくださいと言われるケースが非常に多いです。

しかも、多くが優良企業。。。

優良企業というのはそもそもお金を借りる必要がないので、銀行との付き合い方が分からないようです。

ここ1ヶ月以内ですと、6,000万円の融資案件と、2.5億円の融資案件がありましたが、両社とも無借金、社歴も50年超の会社だったので紹介した銀行の担当者はびっくりしていました。

ただ最近は、金利収入が少ないせいか、銀行は手数料商売に傾斜してきている印象です。

特に、不動産関係の話になると、銀行のアプローチがすごいです。

今まで、1年に1度しか来なかった銀行が、例えば会社や社長が持っている遊休不動産を売却したいなどの情報を出すと、毎日のように会社に情報収集に来るようになります。

提携している不動産会社との関係もあるのでしょうが、まるで銀行自体が不動産会社のような感じです(笑)

その他、生命保険や信託などなど、手数料が発生するものになると、急に銀行の訪問頻度が高くなります。

う~~~ん、コメントは差し控えます。