triomphe.jpg
ツール・ド・フランスが閉幕しました。

戦前は3強だとか4強だとか云われていましたが、蓋を開けてみると昨年の覇者であるクリス・フルームとチームスカイの圧勝といった感じでした。
途中いくつかアクシデントもありましたが、それらを跳ね除けて連覇を達成です。
個人的にはコンタドールのファンなのですが、彼は落車の影響もあってか途中棄権してしまいました。

今回のツールで一番印象に残った場面は、やはり日本のヤフーニュースでも取り上げられたフルームが自らの足でランニングした場面ですかね。
無事優勝してくれたので、おもしろエピソードとして語れますね。
スポンサーサイト