先日、お客様の固定資産税の賦課決定に異議があり、市役所に電話をしました。

昨年も市役所に出向いて疑問点を言ったのですが、市役所という組織は裁判でもしないと動かない組織ですね。

もしくは政治力か・・・。

明らかな市役所のミスであってもそれに過失がなければ(実際には完全に市役所の過失ですが)、納税者は泣くしかありません。

固定資産税は賦課決定されるだけなので、その賦課決定に誤りがあった場合、納税者に問題はなく、賦課決定をした市役所側に問題があるとしか考えられないのですが・・・。

あと、税務署の場合は(形式基準はあるにせよ)おおむね実質課税なのに、市役所は基本的に形式課税なんだな~と勉強になりました。

市役所は個別対応をすごく嫌う(責任の所在を市役所にしたくない、事務対応がめんどう)から形式課税なんだと思います。

固定資産税も賦課決定ではなく申告納税制にすればいいのではないかと思います。


スポンサーサイト