年明けの1月3日に、アメリカンフットボールの日本一のチームを決める試合であるライスボウルがありました。
今年は、社会人優勝のパナソニックと大学優勝の立命館の戦いでした。

社会人側が有利なのは間違いないんですが、今年はほんとにいい試合でした。

途中まではパナソニックペースで、今年も社会人かなとぼんやり観ていたところ、一つのプレーから一気に流れが立命館に傾きました。
立命館が一旦逆転し、試合終了まで残り2分の時点では、ほぼ立命館が日本一に手をかけていたと思います。

そこからパナソニックが再逆転し、
さらに、コレが決まれば同点優勝というところまで立命館が追い上げましたが、、、
残念ながら決まらず、パナソニック優勝で幕を閉じました。

あとになって、最後のプレイでパナソニック側の反則が見落とされていたというケチが付いてしまいましたが、素晴らしい試合だったのは間違いないです。

最後決められなかったキッカーの選手は泣いてましたね。
大学日本一を決める試合でも、最後の局面で決めれば勝ちという難しいキックを外した早稲田のキッカーが泣いていました。
今思い出しても、うるっと来ちゃいますね。
解説者の方が、彼らはその局面を任されただけで十分に素晴らしい選手だと言っていましたが、その通りだと思います。

年明けから胸が熱くなりました。
スポンサーサイト