01CLP204151.jpg

最近、一部の税理士事務所の経営環境はとても厳しくなっているように感じます。

ネット広告などをみていると、税理士事務所の紹介サイトがたくさんあり、FAXDM等も顧問先にどんどん送られているようです。

自由競争の世界であるとはいえ、行きすぎたネット広告や品のないDM等には複雑な心境です。

他の士業に比べて税理士業界の(代行会社の)広告は行きすぎた感じもあります。

そもそも、このような代行会社を使って営業活動を代行してもらっている税理士事務所はいい税理士事務所なのか・・・?いい税理士事務所の定義にもよるので、それは分かりません。

しかし、個人的はあまりいい印象はありません。。。

専門家としての税理士事務所と、事務処理代行屋としての税理士事務所の2極化が進んでいるように思います。

弊所のような小さな事務所の場合、やはり専門家として付加価値で勝負していくしかないと思いますね~。


スポンサーサイト