01TAH01046.jpg

クラウドの会計給与ソフトの導入を検討してから、1年以上が経過してしまいました。

クラウドのメリットは十分感じますが、会計事務所としてはやはりデメリットの方が上回る感じがします。

クラウドというのは、例えば今後始まるマイナンバーの安全管理措置の要件を満たすのかどうかなども気になります。

事務所の運営を考えたとき、クラウドを使うようになるとお客様とお会いする機会が少なくなる可能性も考えられます。

必要に応じてお会いすればいいのでしょうが、お会いすることでいろいろな問題点が見えてきたり分かることが多々あります。

また、多くのクラウドソフトがうたっている自動化というのは、従来見えていた問題点が見えにくくなる部分もあると思います。

選択肢としては有りで、必要に応じて使い分けるということになりそうですが、最終的にどの程度のユーザーに選ばれるのでしょうか。

スポンサーサイト