DSC_0435.jpg
(昨日の山陽新聞より)

広島国税局の2013年7月~2014年6月の相続税調査の申告漏れ割合は83%で、前年より7.3%増とのこと。

申告漏れ財産の半分以上はいつもどおり現金預金。

相続税の調査が来たら、ほとんどの場合修正申告が必要な状況が続いているようです。


スポンサーサイト