昨日は税理士変更案件のご相談に対応しました。

ご相談のタイミングは、ほとんどの会社が決算直前という場合が多いです。

で、以前だったら「では、決算後に税理士変更しましょう」と言っていましたが、最近は「今回の決算からうちでしましょう。代わるなら今でしょ。」と言っています。

決算直前の変更は何かと大変ですが、やはりお客様が代わりたいと思った時が代わり時だと思います。

とりあえず、その場で決算の見込みと節税のご案内をして将来を推定してあげるとお客様も安心されます。

逆に税理士変更のご相談をいただいても、会社の数字を教えていただけない場合は、こちらも提案ができないのでだいたい契約とはなりません。

それにしても、T○Cからの変更案件多いですね・・・ 


スポンサーサイト