26051000.jpg

本日の新聞記事より。

見逃せない話題です。

いわゆる800万円以下の所得の税率をどうするかという議論です。

>中小に限った政策減税は「収益力が低い企業が存続し、産業の新陳代謝が阻害される面がある」として見直しを求めた。

このような発言は、収益力が弱い企業は潰れろとしか聞こえませんが。

このような議論は、中小企業かどうかを資本金だけで判定するために起きている現象なので、中小企業の概念を見直せば済む話だと思うのですが。

例えば、総資産額で判定するなど、いくらでも検討できる要素はありそうなものです。

担税力の弱い本当の中小企業まで対象になってしまうと、本当の資金繰りはますます悪くなるかもしれません。。。


スポンサーサイト