正月恒例のスポーツといえば箱根駅伝。

私は関西の大学の出身なのであまり興味がないのですが、自分の出身校が出ていれば多分応援すると思います。

この箱根駅伝、関西の大学は出場すらできないにもかかわらず、事実上駅伝日本一の学校を決めるような位置づけになってしまっています。

全日本大学駅伝に対抗して、関東大学駅伝大会にでも名称変更した方がいいかな~と感じます。

高校駅伝は西日本の高校のほうが圧倒的に強いのに、西日本の大学は箱根駅伝に出場できないため、優秀な学生はすべて関東に進学してしまうように感じます。

なので、いっそのこと全国大会にした方がいいのではないかと思ったりまします。

箱根駅伝に出た選手は、だいたいオリンピックとかで活躍できないことも育成システムと機能していないことも明らかとなってきています。

全国大会にすれば特定の大学への選手の一極集中が避けられ、無名校から将来の有望な選手が出てくるかもしれませんね。

もはや箱根駅伝は、学校の宣伝の道具になってしまっているようにも思います。

マンネリ化しているようにも感じますし、そろそろいろいろ考えるべき時期ではないかと思います。


スポンサーサイト