課税対象となる、教育資金として認められない代表的なものをまとめてみます。

・通学定期
・下宿代(学校の寮費はOK)
・留学の渡航費
・留学の滞在費
・同窓会費
・奨学金の返還
・個人で購入した物品(指導を受ける者の名で領収書が出るものはOK)

下宿代などは、扶養者として親などが都度贈与で行うようにしましょう。


スポンサーサイト