個人の確定申告は年に1回しかお会いしないため、その1回お会いした際にできるだけ何らかのアドバイスをするように心がけています。

今年は借入金に対するアドバイスを多く行いました。

ある小売業を営むF様もその一人。

昨年信用金庫から1,700万円の借入をされていました。

金利は○%、保証協会付の融資で仕上がり金利は4%~5%でした。

申告内容等から正直金利がかなり高いと感じたためF様にどのような経緯で借入を行ったのか確認し、いくつかのアドバイスを行いました。

個人的にも金融機関に連絡をとり、金利相場を調べてもやっぱり高い・・・。

後日、某金融機関をご紹介することになりましたが、その金融機関の提示した金利は○%で既存の信用金庫より約3%の金利ダウンです。

1,700万円の借り入れで金利が3%下がるということはどれだけ大きいかお分かりだと思います。

利払いがトータルで100万円以上は余裕で変わります。

これだけ金利が下がれば、弊事務所の報酬なんて何年分も元が取れます。

節税に関しても同様のことが言えます。

税理士報酬は元を取るという発想で考えるのものではないかもしれませんが、税理士をうまく活用してください。

税理士報酬が高いとお感じの方は、税理士のサービスを上手く活用できていないかもしれませんね 

スポンサーサイト