最近、事業承継の相談が多くなりました。

税務の顧問先以外の相談には、事業承継に特化した業務を行うので比較的進みやすいですが、税務の顧問先の場合だと、税務の仕事と一緒にするのでなかなか事業承継の話が進みません。

もともと事業承継がきっかけで税務顧問契約をしていただいていた法人がありましたが、今日やっと事業承継の話が進みだしました。

社長も現在60代半ば。

先日奥様が脳出血で倒れたり、身近な人に争族問題が発生したりして、やっと重い腰を上げてくれました。

遺言、役員の変更、その他やることがたくさんあります。

ところどころでタイミングを見計らったアドバイスが必要と思います。

顧問契約をしているメリットを生かしていきたいと思います。


スポンサーサイト