一昨日の記事で公正証書遺言について取り上げたので、ついでに他の遺言方法をとっていた場合に必要な検認手続きについて。

自筆証書遺言等の場合は、家庭裁判所で検認手続きが必要です。

検認手続きをせず、家庭裁判所に持って行く前に開封してしまった場合は、5万円以下の過料に処せられることがあります。

ちなみに、検認手続きを受けなかったからといって、遺言書が無効になるわけではないようです。


スポンサーサイト