気がつけば、弊事務所も開業して3年目に突入している。

お客様もそれなりに増加していますが、今年の新規顧問先は新設法人がなぜか多いです。

新設法人には、個人事業から法人組織へ変更するいわゆる法人成りと、脱サラして新しく始めるパターンの大きく2通りがある。

前者のほうは、個人事業時代の流れを引き継ぐので比較的軌道に乗りやすいが、後者は顧客の開拓から何から何まで新しく始めないといけないので、軌道に乗るまで時間がかかる場合が多い。

昨日は、上記の後者のタイプの新設法人の顧問先にご訪問させていただきました。

経営全般について大変苦労されている様子が、ひしひしと伝わる。

自分自身も後者のタイプなので、自分の開業1年目を思い出してみる・・・。

・・・経営は難しいですね、でもそこが経営の楽しさでもあると思います。

みなさん色々な理由で独立されると思いますが、私の経験等が少しでもお役立ちできればと思います。


スポンサーサイト