おかげさまで最近多くの業務依頼を頂きますが、一番の悩みは報酬料金の交渉です。

事務所で当然料金表を作成しているのですが、最近は料金表に載っていない業務案件が多いので、頭を悩ませています。

ただ、根拠のない料金提示をするわけにもいきませんので、それなりの根拠を示して提示をしています。

永田町の常識ならぬ、税理士業界の常識。

これくらいの単価でこれくらいの報酬料金と思っていても、世間の常識と違いすぎるのもよくないですし。

料金交渉・・・、正直苦手です・・・


スポンサーサイト



昨日は、「中小企業の会計に関する基本要領」の研修に行きました。
NCM_33015.jpg

内容はある程度知っていましたが、活用方法が限られあまり意味がないような感じもします。

政策公庫の金利だけは優遇措置があるようですが、保証協会は中小指針しか認めていないようですし。

ただ、チェックリストは中小指針に比べるとかなり減ったようです。

チェックリストはこちら