先日、顧問先ではありませんが知り合いの社長から決算対策(主に節税)について相談がありました。

ひとまず過去の申告書と今期の試算表を眺めていると・・・

・・・

・・・

・・・ん?

・・・

ま、まさか・・・

過去の申告に非常に大きな見落としがあり、税額に過払いがあります。

1年分ではありませんが、トータル累計で過払い税額が約41,895,000円也!

いわゆる税制上の特例の適用漏れで、更正の請求ができません。

この本来支払わずにすんだ過払い税額、顧問税理士に請求されてしまうのでしょうか?

非常に怖い職業だなと思います。


スポンサーサイト