GW明けですが、今日から切り替えて仕事ですね。

とはいえ、昨日も一昨日も3月決算をしていたんですけどね

でも、ほとんど終えることができた(残りあと1件)ので、気分的にかなり楽です。

今回の決算も税額が数千万円発生する会社から赤字の会社まで、黒字決算の会社と赤字決算の会社がありましたが、何が違うのでしょうか。

業種による差ではないので、やはり経営のやり方だと感じました。

さて、話はかわりますが

民主党の転嫁対策・価格表示のあり方検討ワーキングチームは、5月中旬に行う意見の取りまとめで、消費税の事業免税店制度のあり方を盛り込む方針を固めた。

という記事が先日ありました。

注目すべきは、将来の消費税引き上げ時に、事業者免税点制度の適用上限(現行、課税売上高1,000万円)を引き上げる点について検討を行うこととしている点。

つまり、現在は売上が1,000万円以上の事業者が消費税の課税事業者ですが、この基準が引き上げられる可能性があるということです。

意見の取りまとめは5月中旬とのことですが、非常に気になります 


岡山 税理士
スポンサーサイト