世間は休日ですが、繁忙期なので本日も仕事をしてます。

忙しいのはありがたいことです 

仕事の合間にお茶をすすりながら、考えてみる。

税理士の仕事って何だろう?と。

一昔前なら、税務相談、税務書類作成、税務代理といういわゆる税理士の独占業務のことだったと思う。

けど、今はどうなんでしょう。

当然、税理士の独占業務が税理士の仕事であることに変わりない。

しかし、弊事務所に相談に来られる相談者の方は上記以外のことの場合が多い。

弊事務所の売上構成比率を分析しても、税理士業務での売り上げは約60%。

つまり税理士業務以外での相談が約半分程度あり、今後もこの傾向は強くなりそうである。

一言でいえば、中小企業等の皆様を多方面からサポートすることなんでしょうけど、税理士の仕事をもっと広域に考える必要がありそうですね 


スポンサーサイト