【平成23年分確定申告・留意事項8】

 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)のための医療費を支払った場合に適用されます。
 申告時に生計が別でも、支払った時に生計が一であれば大丈夫です。
 また、「生計を一にすると」とは、必ずしも同一の家屋に起居していることをいうものではありません。

 クレジットカードで支払った場合は、クレジットカードで支払った時が医療費の支払日です。
 但し、利息部分は対象となりません。

 補填金を受取った場合は、補填金の基となった医療費から差し引きますが、年内に補填金を受領していない場合も見込み額で計算します。

 出産育児一時金は補填金ですが、出産手当金は補填金に該当しません。


岡山 確定申告
スポンサーサイト