弊事務所では、クライアントのあらゆるニーズにお応えするべくセカンドオピニオン(顧問税理士とは別の税理士もアドバイスをする)サービスを行っておりますが、この業務は難しいなーと思うことがあります。

それは既存の顧問税理士とのいろいろな関係です・・・。

弊事務所としては既存の顧問税理士が行っていない業務のみに限定して行うので、既存の顧問税理士の仕事には基本的に影響しないのですが、既存の顧問税理士の立場からするとやはり嫌に思われる場合が多いようですね(気持ちはなんとなく分かります)。

会社としては、セカンドオピニオンという顧問税理士とは異なるサービスに対して対価を支払い、新たなサービス・役務提供と考えているのですが、顧問税理士にはそのようにとらえることができないようです。

この度、クライアントの方からセカンドオピニオンサービスを評価していただき、報酬料金の値上げ提案を受けたのですが、この料金が顧問税理士の顧問料を上回るようになるため少し困っています。(顧問税理士の報酬料金は現状維持です。)

大変ありがたい話ですが・・・、顧問税理士に気を使います 


税理士事務所 岡山
スポンサーサイト