最近、お客様の所に入社してくる外国人の方をちょくちょく目にするようになってきました。

今日の午前中は、倉敷市で電気工事業をされているお客様のところへ行くと、ちょうど中国人の採用の話をされていました。

その会社では、先月社長がわざわざ中国に行って、書類選考や筆記試験や面接などを行ったそうです。

100名くらいの応募の中から2名を採用したとのことですが、彼らはものすごくやる気があります。
(当然、日本語の訓練もされています。)

また、彼らは給与の9割以上を実家に仕送りをするそうです。

いろいろ考えさせられます。


岡山 会計事務所
スポンサーサイト