私がハマっている謎解きの世界の一端をご紹介します。
もちろん文中に謎のネタバレはありませんので、安心してお読みください。

100mannazo2019.jpg
https://www.scrapmagazine.com/ssc2019/100mannazo/

現在、「SCRAPからの挑戦状」というWEB謎解きが開催中です。
スクラップというのが謎解き業界最大手の企業で、そこの夏のキャンペーンの目玉企画といったところです。

いくつかの問題が用意されており、それぞれを解くと応募できる賞品の総額が100万円なので、通称「100万謎」と呼ばれるこの企画は毎年恒例となっていて、今年でもう5回目だそうです。

途中の問題までは、その場で答え合わせが可能なのですが、最終問題だけは答え合わせがないので自分が導いた答えが合っているのかはまだわかりません。

無料で公開されているWEB謎として、毎年これほどのクオリティのものはないので、脳みそのリソースが奪われること必至ですが、興味があれば是非「100万謎」挑戦してみてください。
スポンサーサイト
バンドサウンドなどの音楽が好きで、割とライブにも行っているほうだと思います。

今月、何度も観た好きなバンドの解散が発表されてしまいました。
ここ2年ほどは自分が観に行ったライブでのお客さんの入りもイマイチで心配はしていましたが、遂に、、、という感じです。

先月も、一度は生で観たいと思っていたバンドが活動休止に入ってしまいました。

単独公演を観に行くぐらいに好きなバンドで、自分が聴くようになってからメンバー変更などを経ているものを列挙してみます。

・ボーカル脱退→新ボーカル加入
・ドラム脱退→新ドラム加入
・ベース脱退発表
・キーボード・ベース・ドラム脱退→新ベース・ドラム加入→解散発表
・ギターシンセ脱退
・ドラム脱退→産休→活動再開→完結
・ドラム脱退
・ドラム脱退

続けるってホント難しいですね。
観れる時に観とかねばです。
nazoken5.jpg
今回も受けました、謎検。

配点形式が、傾斜ありで50問だった前回から変わり、今回は各1点の全100問でした。主催側もいろいろと試行錯誤してますね。

制限時間60分で100問ですから、1問あたりに掛けられる時間は平均30秒ちょっとです。
ちょっと考えてわからない問題は、空白で後回しにして最後までいってから戻ってこようと考えていましたが、点数的にはこれが悪手でした。戻ってくる余裕なんかなかったです。

好みで言えば前回までのような問題の方が自分は好きですね。いくつかは「いい問題だー」と感心したものもありましたが、全体的には単純すぎる問題が多かった気がします。

そんなこと言いながら次回があれば多分受けますけどね。
rekishi2019.jpg
先日、岡山市民会館で開催されたレキシのライブを観てきました。

2年ぶり2回目のレキシです。
稲穂は前回買ったもの持参しましたが、持ち歩く際にカバンから飛び出すので、会場に向かう道中はなかなかの恥ずかしさです。

ゲストに秦基博さんとキヨサクさん(MONGOL800)を招いてのライブでしたので、彼らの持ち歌でも稲穂を振ってきました。
“ひまわりの約束”で揺れる稲穂、“あなたに”で突き上げられる稲穂、壮観でした。

定番のキャッツや武士はもちろん、最初から最後まで全部楽しかったです。
最高でした。
俳優座劇場でおこなわれた「handmade works 2019」を観てきました。

handmade2019.jpg

尊敬してやまないバナナマンさんと東京03さんの合同コントです。
6年ぶりの開催ということでしたが、幸運にもチケット購入できました。

生でこそというようなハプニングもあり、幸せな2時間でした。

handmade_flowers.jpg
豪華な面々からのお花も届いていました。
高松で開催されたサヌキロックコロシアムを観てきました。

SRC2019.jpg

6会場で行われるライブサーキットイベントで、岡山のmachiotoと比べると、有名どころも何組か出演していて規模もひと回り大きいという感じです。

自分は土曜日だけ参加してきましたが、何度か観たことがあるアーティストに加えて、YouTubeにアップされているMVでアタリをつけたアーティストを回って、9組を観ることができました。

なかなか体力も使いましたが、いい音楽で癒やされてきました。
福山の遊園地みろくの里で開催された「夜の巨大監獄からの脱出」に参加してきました。
kyodaikangoku.jpg

みろくの里でのリアル脱出ゲームは、ここ数年恒例となっていて、自分は昨年に続いて2回目の参加です。

当日は残念ながら雨で、なかなかハードな環境でしたが、謎解き用紙は雨に負けない素晴らしい紙質でした。このあたりが大手のパワーという感じなんですかね。

自分が参加した回は参加者1000名ほどで、そのうち脱出成功は約9%。自分もしっかりと成功してきました。
惨敗した昨年とは違い、みろくの里の設備や遊具の配置を知っていたのも大きかったです。