連休が終わりましたね。

先月に続き今月も大型の台風が発生しました。

これらの影響により被災された皆さまには謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

さて連休には、できるだけ休むよう心がけていますが、休みの日になると最近不眠で困っています。

平日は眠い目をこすりながら起床しますが、休日になると寝る時間があるのに、仕事の時より朝早く目が覚めて目れない・・・。

経営者の働き方改革も必要かもしれませんが、経営者は休みの取り方が難しく、むしろカレンダー通りではなく、たとえ働きっぱなしであっても自分のペースで休みを取るほうが、精神的にずっと楽な気がします。

なかなかむつかしいデス。

スポンサーサイト



年間100時間程度研修に参加していますが、今週は1日で2件の研修をはしごしました。

しゃべりっぱなしの講師の方も大変だと思いますが、受講も5時間以上のものは結構疲れます、

税理士の中ではかなりの研修に参加しているほうだと思いますが、研修はアウトプットがあってこそ役に立ちます。

インプットとアウトプットの繰り返し。

休む暇がないですね・・・

22890015.jpg

気が付けば10月になり、消費税が増税となりました。

軽減税率をはじめ、レジ補助金、ポイント還元やら訳の分からない制度が始まっています。

今回の増税に関する制度全般に関して、国は周知不足だったと思います。

むしろ消費税の増税に触れないようにしていたのでは?と思うくらいです。

10月からの経理処理は中小企業にとっては大変になるでしょう。

数年後に始まるインボイス制度ではさらに大変になると思われます。

街中を歩いていて気になったのは、一部の店舗が消費税のタイミングで便乗値上げをしていること。

便乗の定義が難しいですが、政府は消費税に伴って便乗値上げすることを禁止しております。

私個人の感覚だと、各店舗いろいろな事情があるのでしょうが、(そもそも本来は消費税2%分の値上げで、それでも人件費等の上昇等各店舗の事情もあると思いますから、)10%を超えるくらいの値上げをしていると、便乗値上げとして消費者にとらえられてしまう可能性が高いように思います。

ですので、10%を超える値上げをされている店舗は消費者に値上げに対する丁寧な説明が求められるでしょう。

増税による様々は影響が出るのは1年後くらいでしょうから、今から1年後が少し不安であります・・・。

最近、弊事務所の顧問先でも事業承継の件数がかなり多くなってきました。

親族内承継、親族外承継、M&A、ここ数ヶ月ですべてのパターンがありました。

いろいろ言われていますが、個人的には親族内承継が一番難しかったりするケースもあります。

最近社長の子供に女性しかおらず、その女性が社長になるケースも増えています。

女性に活躍してほしいので良いことだとは思いますが、その女性が若い場合は出産・子育て等の両立が難しい場合があります。

弊事務所の顧問先では、女性経営者の場合は業績の良い会社が多いですが、ここにいろいろな経営のヒントがありそうです。

いろいろ研究してみたいと思います。