最近コンサルの仕事の依頼が多くなってきています。

コンサルの内容は様々ですが、コンサルにはそれなりの知識・経験等が必要であったりするので、なかなか多くの仕事を受託できないというのが現状です。

お忙しい経営者の方が多いので、せっかくご紹介を受けても、社長とアポイントすら取れない場合もあります。

このような時、普通の営業マンであれば何度も連絡をしてアポイントを取るんでしょうが、私の場合は違います。

私の場合は、何度か連絡をしてアポイントが取れなければ、「一旦もう連絡しない」です。

理由はいくつかありますが、自分が逆の立場だったとしたら、もし本当に必要としているサービスであればこちらから連絡するからです。

そして、コンサルは押し売りをして契約しても、あまり成果が上がらないことがほとんどです。

なぜなら、コンサルの内容を「実行するのはクライアント」なので、クライアントが動いてくれないことには成果を出すことはできないからです。

アポイントが取れない=クライアントが動いてくれない、ではないと思いますが、そのような可能性が高いと考えてしまいます。

考え方は夫々だと思いますが・・・


スポンサーサイト
DSC_0249.jpg

昨日は少しだけ空き時間があったので、ちょうど空いた時間に開催されていた研修に飛び入り参加してきました。

税理士と言えば相続税の申告が基本なのですが、会社経営をしている方の相続税申告等は、やはり借金についても知っておく必要があります。

相続税の申告が必要かどうかのご相談があった時に、「借金ありませんか?」「保証人になっていませんか?」の一言が、重要だと思います。

民法と実務で取り扱いが違うケースをたまに目にしていましたので、有意義な内容でした。

258963486.jpg

車のガソリンはハイオクを入れているんですけど、最近めっちゃ高いです!!!

いつもカード払いなので、あまり意識していませんでしたが・・・かなり高いですね (T_T)

比べてはいけませんが、自分が学生の頃は100円を余裕で下回っていましたけどね・・・(+o+)

最近はお酒をほぼ飲みません。

今年に入ってお酒を飲んだのは数回。

数日前もお客様の会社の食事会がありましたが、6名中私だけがお酒を飲みませんでした。

お酒を飲まない理由はいろいろあるのですが、もともとお酒に強いわけでもないので、無理に飲まなくてもいいかなと。

いろいろな食事会に行きますが、最近は、飲まない人が増えている印象です。

先日も税務署の統括と雑談していると、その統括も全くお酒を飲まないと言われていました。(昔は税務署の人=酒飲みといった勝手な印象がありましたが・・・)

私個人としてはお酒を飲まない最大のメリットは、夜の寝る前の時間を有効に活用できることです。

細切れの時間を有効に使えると、いろいろ便利ですね。

最近、急に税理士紹介会社から電話がかかってくることが多くなりました。

弊事務所は、このようなお電話は一切相手にしません。

何年か前に電話を頂くことが多かったのですが、最近また増えてきましたね。

おそらく税理士紹介会社は、紹介できる税理士事務所があまりないのだと思います。

なぜなら多くの税理士事務所が今困っているのは、集客ではないはずですからね・・・

なので、紹介会社から紹介される税理士というのは、〇〇な税理士なのかな~と個人的に思ったり・・・。

税理士紹介会社と言うのは、税理士に顧客を紹介して、税理士事務所から紹介料を貰うというのがビジネスモデルの基本だと思いますが、薄謝ならともかく高額な紹介料まで支払って税理士事務所の経営が成り立っている?ところに個人的には驚きます。

まぁ、考え方はそれぞれの税理士(経営者)の考え方なので、私がどうこういう問題ではないのですが・・・

でも、一部の紹介会社の広告は、ちょっとこの表現まずいよね?といったものも見かけるので、いずれは問題になりそうな気もします。

そういえば、先日も東京から某保険代理店の方が事務所にお見えになられて、お客様を紹介したいと言う話でその紹介先企業と面談したのですが、その後、後出しジャンケンで紹介料の契約書を提示され、その方が税理士紹介を業としている方であることが分かりました。

こういったケースでは、紹介料云々よりも後出しジャンケンをしてきた時点で、信頼関係が崩壊です。

困ったものです。。。


最近自分の業務の中心は、意思決定のサポート業務です。

意思決定のサポートといってもお客様によって、サポートの仕方は全く異なります。

昨日も、22:30迄お客様と打ち合せをしておりましたが、最終的な結論までは至りませんでした。

私は意思決定の判断材料であったり、選択肢のメリットデメリット等、判断材料を可能な限り提供します。

昨日何件かお客様と打ち合せをさせて頂いて、中にはこうしたほうがいいと思いますと言い切れるものもありましたが、意思決定を行う人の気持ちやモチベーションに関わる部分だったりすると、私の方では判断できないこともあります。

お客様に「稻田さんに決めてもらおうと思ったのに~」と言われ、そのように言ってもらえることは気持ち的にはうれしいのですが、やっぱり最後は自分自身で決めないといけないんだと思います。

コンサルティング業務もなかなか難しいですね。

DSC_0242.jpg

本日は研修でした。

講師の岩下先生は、毎年岡山で研修をしてくださいますが、いろいろな知識を教えていただいて本当に有り難いです。

最近は、情報提供とかビジネス感丸出しの研修が多いので、岩下先生のような人間味あふれる研修は、受講していて気持ちがいいです。

実務だけでなく、いろいろ本当に勉強になりました。